レッドクリフ-Part1(ミーハー感想文)




やっと観てきました、レッドクリフ-Part1




しかも、クリスマスイブに、独りで(^^;;;)
お客さん、私のほかに4人でしたよ。
50代くらいのご夫婦(上映中よくしゃべる旦那さんと、それをなだめる奥さん)、
ひとりで来ていた男性2名、そして、私。

映画は、すごく格好良かったです!

それぞれの人物がものすごくドラマチックに描かれていて、
「ヒーローもの」を観ているようでした。

特に“関羽”が、えっっっっらくかっこいい!!
「きゃーーーっ!関羽、めちゃくちゃかっこいいーーーっ!」などと
心の中で絶叫している39才の女ひとり、しかもクリスマスイブ(^^;)
時々我にかえって、自分自身に苦笑しつつの3時間。

トニー周瑜と、金城孔明の格好良さはもうあえて語る必要無し☆
そして実は10年前「ブエノスアイレス」で観て以来、ひそかにずっと好きだった
チャン・チェンの孫権!
あの情けなさがたまらなく良かった。
妹役のヴィッキー・チャオは、少林サッカー以来♪

それにしても、このパート1の最後には心の底から驚きました。

終わった瞬間、
はいーーーーーーーっっ?!(@0@)?
って、椅子から転げ落ちそうになった!(笑)


いやぁ、私、この映画が何部構成だとかそういう情報をあんまり知らずに
観に行ったんです。
まさか、まーーーさか、あんな!!!
本当にびっくりしました(笑)
とにかく、4月のパート2が楽しみでなりません!!


ネットをいろいろ検索していたら、すごい雑誌のページを見つけました〜〜っ
トニー&金城&チャン・チェンファンのあなた!

必見です!!(鼻息)
Tony Leung, Takeshi Kaneshiro and Chang Chen (Zhang Zhen) Magazine Photos

この3人がこんなふうに揃って目の前に現れたら、たぶん、死ぬ。

 
以上、ミーハーレポートでした(^-^;)
[PR]
by takanoshokudou | 2008-12-26 22:56 | えいが