「ほっ」と。キャンペーン

どんと祭で、箸を供養する食堂。

c0003752_2344665.jpg

今夜は「どんと祭」(→wiki)でした。

お正月の飾りなどを燃やしてその御神火にあたり、無病息災を祈願。
神社までは行けませんでしたが、仕事をしている場所近くの「どんと祭」の広場へ。

私は、今夜はどーーーーしても燃やしたいものがありました。
それは、愛用していた

実はこの箸、4年前のお正月に突然ポッキリ折れました。

箸が折れるというのは、
何かその後に起こる災いを「身代わり」してくれたという説もあり、
きちんと供養しなければならないそうですが
そんなこと「関係ねぇ」と思ってしまった私は、瞬間接着剤で補修(--;)
その約一週間後に、とあることが起きてとても痛い思いをしました(←心が)

しかしそれでもその箸をしぶとく使い続け、
翌年正月、親友に「やはりちゃんと供養しなさい。これ新しい箸」と、
ステキな京箸をプレゼントされたにも関わらず、まだ補修箸を未練がましく使う私。
思えば、その後も、いろいろな試練に見舞われました(--;)

そんな曰く付きのお箸が、なんと先日、
大晦日の夜にまたポロリと折れたのです!

お正月、そして大晦日と続くと、さすがにこれは何かメッセージを
発しているのだ!と思い、
最初に折れた日から4年たって、やっとその愛用の箸を
御神火の中へ、投げ入れてきました。
c0003752_23442319.jpg
白い紙に包まれ、火に投げ入れられるのを待つお箸。
c0003752_23443529.jpg

燃えろ〜〜〜〜っっ!


お箸様、お疲れさまでした。
長い間、ありがとうございました☆


ちなみに、どんと祭で箸を供養するのが、正しいのかどうかは知りません(^^;)
会場のおじさんにも笑われました(笑)

でも、私の気持ちはすっきりしましたよ(^-^)


 
[PR]
by takanoshokudou | 2009-01-15 00:02 | つぶやき