ティッシュボックス

今日仕事中に、ティッシュボックスの新しい箱をあけ
なんの気もなしにポンと置いといたら、某氏に驚かれた。

ベリッと口の部分を剥がした時に残る、両サイドの紙を
c0003752_2214281.jpg

「普通、残しておくか!? 最後まで取るだろう?」

というのだ。
ものすごく信じられないものを見たような目をして、私を見る某氏。

私としては、この紙の形とミシン目の具合からして
残す残さないは別として、この部分には何か意味があるように思えた。

というか、

そんなのどうだって良かった。

そんなことで、目くじら立てる人がいることに驚いていた。

その後、訪れた某トリ家で、気になった私はティッシュを調べた。
最初の箱は、上の写真のように両方の紙がついたままだった。

もうひとつの箱は、紙が片方だけ残っていた。
c0003752_22173926.jpg

ああ、このおおざっぱな感じ、大好き☆


せっかくなので、トリ家において、なぜこの紙の部分があるのか?
検証してみた。
結果、「ケースに関係があるのでは?」ということに。
ボックスをさらに入れるケースの口が、狭い場合にはこの両サイドの部分が
うまくはたらく。なので残したほうがいい。
でも、大きな口のケースだったり、そのまま使う場合は剥がしても良さそうだ。

うん。

そんなとこ。

っていうか、
私には、剥がそうがはがすまいが、やっぱりどうだって良かった。


いろんなことが気になったり、ならなかったり
ひとっていろいろだね〜。

 
[PR]
by takanoshokudou | 2010-04-14 22:27 | つぶやき