あっけないお別れ

4月中旬というのに、外は雪です。

一昨日の夜、タイチャン部長が亡くなりました。
交通事故でした。
あまりにもあっけないお別れで、まだ実感はありません。

火葬される前に、なんとか対面してきました。
庭の花いっぱいと箱に入れられたタイチャン。
こんな時になんだけど、
紫系の花々と、黄色の花と、タイチャンのグレーが
実に見事で美しいと思ってしまいました。
涙が止まりません。
気の済むまでなでていたかったけど、そうもいきません。
でもなでていると、まるで生きているようでした。

タイチャンが入れられていたのはダンボールでしたが
「ASKUL」のダンボールでした。
そんなちょっと可笑しなところが部長らしかったです。
きっと「明日来る」んだな☆ そう思いました。
「明日どころか、11時までに出せば今日来るよ」
そんなことを言い合い、みんなで泣きながら笑いました。
笑ったり泣いたり、泣いたり笑ったり、泣いたり泣いたり泣いたり…、
昨日一日で顔の皮膚がだいぶやられました。

私も花をそえたかった、どうしても。
でも朝なので花屋さんはやっていない。
「そうだ!」と思い立ち、留守中の某E氏宅の庭へ忍び込みました。
黄色い水仙が4輪だけ咲いてました。
そのうちの3輪をいただいて、雪やなぎと合わせて持って行きました。
E氏もタイチャンが大好きだったから、きっと嬉しいはず。
ソラッピンからは、お気に入りのキャットニップのおもちゃを
あげることにしました。

13年のお付き合いでした。
うちのソラッピン、実家のモモ、そしてトリ家のタイチャンは
私にとっての三大ファミリー猫です。

楽しい時間を今までほんとありがとう。
「ひらべったマッサージ」が出来なくて、寂しいです。


 




c0003752_825343.jpg



_____________________________________________



(追記)
スタッフ時代に書いてた「つぶやき」ページとか見てたら
いろいろ思い出写真が☆


c0003752_8434797.jpg
所長の椅子でよくこうしてくつろいでた部長。

c0003752_844101.jpg
夜に机の上にあがってきて、何か怒ってた部長。

c0003752_8444216.jpg
なんとなく一緒に仕事をしていた。


c0003752_84541.jpg
そっとそばにいた。


c0003752_8452710.jpg
ダンボールの角をよく仕上げていた。


c0003752_8455016.jpg
ソラッピンと会った時は、知らんぷりをしてくれた平和主義。

c0003752_8462060.jpg
なにげなく風景の中にいた。
実は、バイオライトの照明の熱が好きだった。

c0003752_8465754.jpg
こんなふうに、ふと見上げるとまだそこにいる気がしてならない。


 
[PR]
by takanoshokudou | 2010-04-17 08:00 | ねこたち