アルファ米が意外と美味しい件

c0003752_0165874.jpg

今回の震災で、初めて「アルファ米」を食べました。
お湯を入れて待つこと15分。
ほかほかのご飯の出来上がり☆
レンジでチンするご飯特有の塩素臭さもなく
なにしろお湯、あるいは水でも出来る優れもの。(水の場合60分かかるけど^^;)

私の場合は、260g一袋で一日分って感じでした。
ライフラインが全部止まった時、ストーブでお湯沸かして
アルファ米を戻して、中に入ってるスプーンで食べて
残ったらまた口を閉じて、とすごく便利だった。
持ち歩けるしね!

が、

なんと、ばあちゃん(87才)にはこれが1人で作れなかった。
もちろん、裏に説明はあります。
c0003752_0171256.jpg

読めば作れそうな気もするけど、出来ないらしい。

アルファ米の袋を前に困った顔で座ってて
「なーんか書いてあっけど、わがんねー」と(^^;)
1番最初に「脱酸素剤」という言葉が出て来るのも
ハードル上げてんじゃなかろうか(^^;)
お年寄りでも誰でも理解出来る説明ってどんなだべ。

そしてお年寄りにはこういうものは、あげておしまいじゃなく
作ってあげて渡す、というところまで必要なのかもね。


ちなみに出来上がったところの写真はありません。
忘れてた(^^;)


(写真は4/8の写真)
[PR]
by takanoshokudou | 2011-05-08 00:21 | おいしい