「ほっ」と。キャンペーン

1年

2011年3月11日から1年たった今日がもうすぐ終わります。
去年の今頃は、ソラッピンをE宅へ預け
真っ暗な実家でばあちゃんと2人。
なんだか足だけが冷えに冷えて、痛くて眠れなかった。
余震も続いていたし、ほとんど眠ることなくひたすら朝を待った。

インターネットはすぐにつながって、このブログも書いてましたね。
その頃の記録はタグにまとめてます。

http://rikisan.exblog.jp/tags/20110311大震災/

1年は区切りなのかなんなのか、正直よくわかりません。
区切って何かが終わって晴れ晴れとするようなことは何も無いし
何もまだ出来ていないという重い気持ちと、
全てはこれからじゃないか!という新たな決意とか
複雑な気持ちが入り交じっています。
とにかく、1年経ったねーというより、この1年が今日この瞬間まで
ずっと続いている、そういう感覚のほうが近いかも。

いろいろなことが、まだまだたくさんの力を必要としている。
むしろこれから必要になる。
それだけは確かなんだと胸に刻みつつ、また新しい時間に向かっていく。

そう出来ることに、感謝する夜です。






 
[PR]
by takanoshokudou | 2012-03-11 23:57 | つぶやき