モーガン・スパーロックの30DAYS

第一回目:最低賃金で30日間暮らす



30日間で何がわかるのよっ、とちょっと否定的に眺めつつも
それを全く知らない人が経験するのも大事よね、と途中からおもしろくなってくる。
そしてこんな過酷な暮しを、一ヶ月どころか一生続けてるアメリカ人が
実は、たっっっっくさんいる。
「豊かで自由な国アメリカ★ …どこが?」
ホントそう。

お金がない生活って毎日が綱渡りで、気持ちはいつもピリピリ、そしてどんより。
「こんな生活の中で、どうやって良好な人間関係を保てる?」って
監督自身投げかけていたけど、本当にそう思う(--;)

「一番大事」なものはお金じゃないのかもしれないけど、
お金が無いと、その「一番大事」なものさえ見失いそうになるのも確か。

そんな、お金について考えさせられたドキュメンタリー☆

モーガン・スパーロックの30DAYS
[PR]
by takanoshokudou | 2006-03-19 00:54 | えいが