きみに読む物語

泣きすぎて、目がパンパン。
久しぶりに激しく嗚咽がこみあげてきて、自分で自分をどうしたらいいのかわかんなくなり
ソファの上でジタバタしてしまった(←バカ)

 「きみに読む物語」 ニック・カサベテス監督




あらゆるシーンがどこかでつながり、絡み合っている。だから目が離せない。
美しいシーンが自然に刷り込まれ、あとで思い出され、
「ああ、そうか」「え、そうなの」「もう、そうなんだーっ!」→→滝涙(T_T)

今夜、WOWOWでたまたま見て、ひとつひとつの表情、セリフ、美しい景色、
全てに釘付け☆ いい映画だった。

What do you want!  (←今夜一番刺さったセリフ)

くぅ〜っ(T_T) 観てください、ぜひ☆ 刺さります。



(追記)

しかし、この映画のオフィシャルサイト、なんというか…(--;)

なぜ、何かと比べたり、何かに似ている的な伝え方するんだろう。
そうすれば誰か安心なの?
もっとストレートにこの作品を伝えればいいのにぃ。
なので、事前情報はあまり見ずに見たほうがいいです(どんな作品でもそうかもしれないけど)
この映画に関しては特にそう!☆

…と言ってるわりには私もゴチャゴチャ書いちゃった(^^;) あちゃーっ。
[PR]
by takanoshokudou | 2006-04-26 00:55 | えいが