「ほっ」と。キャンペーン

黒胡麻坦々麺の悲劇:怒りにまかせて一気に長文

(写真なし)

今日はGW唯一の休日、
昼に母とばあちゃんと、実家近くのラーメン屋さんへ。
担々麺が有名なお店に、新メニュー「黒胡麻担々麺」が!さっそく注文。

運ばれて来たのは、真っ黒なスープに細めん、そしてひき肉たっぷり、水菜がトッピング。
うまそう!
さーて、どこからどう食べようか、まずはスープか、ウヒヒとにんまりしている私に
悲劇が襲った。

隣りで、五目焼きそばを食べようとしていたばあちゃんが、
その焼きそばの麺の一部を、
バサーッと私の黒胡麻担々麺の上に乗せたのだ!!!

担々麺の上に、無造作にぶちこまれた、
あんかけまみれのやきそば麺。


なにすんのーーーーーーーっっ!!!

そうだ。
ばあちゃんは、いつも一人分の量を完食できない。
しかし残すことも心苦しく思い、
私の皿やどんぶりになんでもかんでも入れようとする。
しかしいつもは向かい側に座ってるので、乗せられる寸前になんとか阻止してきた。
そして優しく、
「ばあちゃん、残してもいいんだよ☆」と微笑んできた。
今日は横並びに座っていたので油断した!
気づいた時にはもう! 私の担々麺に焼きそばがのせられてしまったーーーー!

普段温和な(?)私でも、仕事でイヤなことがあっても滅多にキレない私だが、
自分の担々麺の上に、五目焼きそばを乗せられては、怒りがおさえられなかった!

「二度と!二度としないでよ!!!!」

とばあちゃんに一喝!

さらに頭に来るのは、この店は担々麺は旨いけど、焼きそばは不味いのだ!
あまりの不味さに以前、お店カードに何がいけないか長々と書いてしまったこともある(^^;)
その焼きそばが乗ってしまった、私の担々麺…。

イライラと半泣き気分でまずはその焼きそば麺を食べてしまい、
それから気を取り直そうと努力しながら、担々麺にとりかかった。

でももう、私のテンションが上がることは無かった。

教訓、ばあちゃんの箸の動きには、気をつけろ。


(そして追記)ラーメン一杯でそんなに熱くなるなよ、食堂(--;)


 
[PR]
by takanoshokudou | 2007-05-05 21:09 | つぶやき