「ほっ」と。キャンペーン

タグ:20110311大震災 ( 29 ) タグの人気記事

1年

2011年3月11日から1年たった今日がもうすぐ終わります。
去年の今頃は、ソラッピンをE宅へ預け
真っ暗な実家でばあちゃんと2人。
なんだか足だけが冷えに冷えて、痛くて眠れなかった。
余震も続いていたし、ほとんど眠ることなくひたすら朝を待った。

インターネットはすぐにつながって、このブログも書いてましたね。
その頃の記録はタグにまとめてます。

http://rikisan.exblog.jp/tags/20110311大震災/

1年は区切りなのかなんなのか、正直よくわかりません。
区切って何かが終わって晴れ晴れとするようなことは何も無いし
何もまだ出来ていないという重い気持ちと、
全てはこれからじゃないか!という新たな決意とか
複雑な気持ちが入り交じっています。
とにかく、1年経ったねーというより、この1年が今日この瞬間まで
ずっと続いている、そういう感覚のほうが近いかも。

いろいろなことが、まだまだたくさんの力を必要としている。
むしろこれから必要になる。
それだけは確かなんだと胸に刻みつつ、また新しい時間に向かっていく。

そう出来ることに、感謝する夜です。






 
[PR]
by takanoshokudou | 2012-03-11 23:57 | つぶやき

c0003752_0165874.jpg

今回の震災で、初めて「アルファ米」を食べました。
お湯を入れて待つこと15分。
ほかほかのご飯の出来上がり☆
レンジでチンするご飯特有の塩素臭さもなく
なにしろお湯、あるいは水でも出来る優れもの。(水の場合60分かかるけど^^;)

私の場合は、260g一袋で一日分って感じでした。
ライフラインが全部止まった時、ストーブでお湯沸かして
アルファ米を戻して、中に入ってるスプーンで食べて
残ったらまた口を閉じて、とすごく便利だった。
持ち歩けるしね!

が、

なんと、ばあちゃん(87才)にはこれが1人で作れなかった。
もちろん、裏に説明はあります。
c0003752_0171256.jpg

読めば作れそうな気もするけど、出来ないらしい。

アルファ米の袋を前に困った顔で座ってて
「なーんか書いてあっけど、わがんねー」と(^^;)
1番最初に「脱酸素剤」という言葉が出て来るのも
ハードル上げてんじゃなかろうか(^^;)
お年寄りでも誰でも理解出来る説明ってどんなだべ。

そしてお年寄りにはこういうものは、あげておしまいじゃなく
作ってあげて渡す、というところまで必要なのかもね。


ちなみに出来上がったところの写真はありません。
忘れてた(^^;)


(写真は4/8の写真)
[PR]
by takanoshokudou | 2011-05-08 00:21 | おいしい

沁み入ったお惣菜パン

c0003752_21243834.jpg

今日の写真は、今月初めの4月4日の写真。
お仕事で関わらせていただいているH田邸の現場でのひとこま。

本当は3月14日に現場で打合せの予定でしたが、
震災が起き、やっとみんなで顔を会わせたのがこの4月4日でした。
その時に、H田夫妻が石井屋でパンをたっくさん買ってきてくれたのです。
そしてこんなふうに、現場で合板の上に並べて。

この頃はまだ、買物もそれほど十分に出来ず
パンも結構貴重だったもので、総菜パンがしみましたーー(T_T)
ありがたかったーーー☆☆☆
[PR]
by takanoshokudou | 2011-04-27 21:25 | おいしい

地震ITSUMO

相変わらず、Twitterではいろんな情報を得ています。
最近、これはメモっとかな!と思ったページです。

地震ITSUMO http://www.jishin-itsumo.com/

「準備中」のページも多いけど(^^;)
イラストの感じも好きだ。


まだまだ大きな余震、そしてまだ来ていないと言われている
宮城県沖を震源地とする巨大地震。
毎日の余震に慣れすぎずに、ちゃんと備えねば。

 
[PR]
by takanoshokudou | 2011-04-15 01:44 | from Twitter

震災1ヶ月。
何か気のきいたこと(?)書こうと思ったけど
今日の夕方もまた少し強めの余震で、若干お疲れ気味です。

c0003752_21522496.jpg

昨日、牛乳とヨーグルトとチューリップ買って
ルンルンと家に戻りました。

いろいろと目を向ければ、胸がしめつけらるようなことばかりですが、
私はとりあえず、こういう小さな幸せも噛みしめたいな、と思います。

c0003752_215478.jpg

この間見た、すごい空の様子。
なんだか写真を撮ってしまいました。





ツイッターを始めとするネットの世界にどっぷりいると
「反原発」「反石原」が世界の総意のように思えてきますが
それは錯覚で、いろいろある世界の一つなだけだったんだと
昨日の都知事選は気付かせてくれました。
[PR]
by takanoshokudou | 2011-04-11 21:57 | つぶやき

昨晩、宮城県震度6強

いやはや、昨晩の地震には驚きました。
でもビールで半分酔っぱらっていたせいか、どこか余裕もありました(--;)

私には地鳴りも予感もなんにもなく、もう突然

ズ、ズガガガガガガガガガガ!!!!

と最初から強い揺れ、その後も同じように激しく揺れながら
またワッサワッサワッサと大きな揺れも加わり、
あちこちでいろんなものが落ちる音がして、
テレビがプツーーーーンと切れ、あとは照明がキュウーーっと少しずつ暗くなり
真っ暗に。

夜中の地震はイヤですね。
暗闇だもん。

沿岸部の人たちはさらにそんな中、避難もしなきゃいけない。
大変です。

おかげさまで、停電は、私の住むあたりは午後には復旧。

気持ちが再び萎えてしまったけど、また怪我も無く乗り切れたし
昨日は昨日で、また明日から気持ち切り替えてがんばろう。



c0003752_18405712.jpg
再びキャンドルナイトになっちゃったこの夜。
しかし何故か即効で眠れた。
たくましくなった?



 
[PR]
by takanoshokudou | 2011-04-08 22:37 | つぶやき

前回の記事の続きです。

初めて訪れた、東松島の「創る村」。
がれきでメチャクチャの町の景色に打ちのめされていた私ですが
ここで素敵な出会いが!

それはたくさんの絵!
飴屋先生のたくさんの絵!
c0003752_19171965.jpg

c0003752_19173340.jpg

c0003752_19174342.jpg

c0003752_19175554.jpg

c0003752_1918431.jpg

c0003752_19181162.jpg

c0003752_19182287.jpg

c0003752_19183186.jpg

c0003752_19184367.jpg


泥だらけにはなってしまったけど、
津波にさらわれずに、たくさんの油絵とパステル画、そして書が
残ってました。
(書については「創る村」ブログの中に→
富士山と猫の絵が多かった。
どれも生き生きしてて、どの作品も魅力的でした。
(モデルになった動物たちと飴屋先生→

なんとかしたい!!

譲っていただくことも出来るそうですが、
「こんな泥だらけのままでは…。」とおっしゃってました。
うーん、なんとかしたいですね。
特別な展示会とか企画できたらいいのになぁ!と
帰りの車の中で、T中さんと熱くなってしまいました。
なんとかしたいなー。

猫の絵、欲しい☆
[PR]
by takanoshokudou | 2011-04-07 19:29 | つぶやき

今日、松島、東松島方面へ行くT中さんの車に便乗させてもらいました。
私としては、被災地をこの目で見るのは初めてです。

観光地である松島は海岸沿いに被害が見られたものの
壊滅的な被害は無さそう。
(追記:とはいえお店などの再開には大変そうなところもたくさん)
皆、口々に「松島の島々が守ってくれた」と言ってましたが、本当にそんな印象です。
泥もボランティアの協力もあってか、だいぶ取り除かれたのでは☆
留守のところもありましたが、仕事でお世話になった場所をまわりました。


しかし車で少しばかり進んだ東松島は、本当にすごい光景。
近づくにつれ、まず思ったのは

 「茶色い…」

海も、海岸線も茶色い。
がれきがいっぱいだからです。

町の中に入って行くと、飛び込んで来る景色の全てが信じられない。
いつも何かと写真を撮る自分も、なんというか
「私ごときがカメラを向けていいのか?」という気持ち。
被災にあった住宅地や集落、駅の周辺の写真は一切撮る事がなく、ただ唖然。

目的地は「創る村」という場所。
ここはちょうど一ヶ月前に新しい建物が完成したばかりで
完成披露の6日後に被災。
私はこの場所のお話は聞いてたけど、来るのは今日が初めて。
T中さんは、その完成披露にも来たばかり。

創る村の被災状況は、ブログ「創る村から」を見ていただきたい。


ものすごい町の光景にただただ驚いてしまった私は
ここの主催者である飴屋先生にお会いした時に、なんだか暗い表情をしてたのだろうか?

「とても同情しているように見受けられるけど、同情なんていらないよ☆
 だって結構今、楽しいんだよ♪」

と茶目っ気たっぷりに言われる。

同情していたつもりは本当になく、私はただただ衝撃受けたてで(^^;)
眉間にシワでも寄っていたのかも。

お話をいろいろ聞いてるうちに少しこちらも元気になり
建物の前の写真を撮らせてもらった。


c0003752_1174381.jpg

なんか不謹慎かもしれないけど、茶目っ気をこの風景に感じてしまった。
だって、このポスト、後付けですよね?(^^;)
3/20のブログ写真にはポストが写ってない。)
でもこのポストがあることで、悲惨な景色がちょっと…なんというか…☆

c0003752_117549.jpg

このこけしもそう☆


さらに記事は続きます。
ここでもっと心躍るようなものをたくさん見られたからです。
それは次回☆
[PR]
by takanoshokudou | 2011-04-05 23:59 | つぶやき

震災直後のつぶやき

@toricotoriさんのつぶやきから
地震前後ツイートというのを知り、自分が3.11地震直後に何をつぶやいてか
あらためて見た。
何か役に立つようなことはつぶやいてないけど(^^;)
あの時のことをまざまざと思い出した。
c0003752_23285884.jpg
c0003752_2329567.jpg

これ以後、携帯が使えなくなる。
次につぶやけたのは約26時間後だったはず。

 
[PR]
by takanoshokudou | 2011-04-04 23:30 | from Twitter




___________________

↓これも是非!(最初の18分間だけでも。)
個人的にいわき市に物資を届けたエガちゃんの衝動的な行動がすごいです。
「江頭2:50のピーピーピーするぞ!」第135回

エガちゃんの話で泣けたの初めてだ(笑)

 
[PR]
by takanoshokudou | 2011-04-03 12:05 | おんがく